建築翻訳会社.com翻訳サービス

建築翻訳|翻訳会社.com

品質への厳しい基準
世界の発展に翻訳で寄与したい
こんな文書に最適翻訳
徹底したサービス

Contact

建築翻訳会社.com
お問い合わせ

お電話で
フリーダイヤル:

0120-40-90-50

読み手に正確に伝わる翻訳は、
安全へのセーフティーネットです

品質への厳しい基準

正確に翻訳されていない図面や仕様書をもとに工事が行なわれてしまったら、大きな損失を生み出しかねません。
機材や機器などのマニュアルも、操作手順や接続方法などが間違って翻訳されていたら、人命にも関わる惨事につながってしまいます。そういった点から見て、建築・土木翻訳では、一般的な翻訳よりも厳しい品質へのこだわりが求められます。

品質を維持するために「建築翻訳会社.com」では、その分野に長けた知識を翻訳者が持っているのかどうか、独自の基準を設け、その基準をクリアした翻訳者のみパートナーシップを築いています。

世界の発展に翻訳で寄与したい

「建築翻訳会社.com」では、構造力学(構造設計)・橋梁工学・材料工学・水理学・河川工学(河川)・水資源工学(ダム)・岸工学(防波堤、防潮堤)・土質力学(土構造物、斜面崩壊)・地質学 岩盤工学(岩盤、トンネル)・基礎工学・土壌汚染学・地下水汚染・振動工学(土動力学、地震工学)・測量学・リモートセンシング(GIS、GPS)・土木計画学・国土計画学・上水道(供給システム)・下水道(中水道、工業用水道)といった分野で翻訳の依頼を受けています。
国内外問わず、私たちの暮らしの利便性向上、環境を保全しながらの都市開発に大きく関わる建築・土木の一層の発展のために最適な訳文が役立つと信じています。
高水準な翻訳をご提供することで、地域や社会、ひいては世界と関わっていくことが私たちの使命です。

こんな文書に最適翻訳

建築・土木マニュアル

マニュアル翻訳においては、繰り返し表現や定型文が多く使われるため、品質管理が重要となってきます。過去の翻訳資産を有効活用する最新ツールである「翻訳メモリーシステム」を利用して、訳文の均一化、大量翻訳のスピードアップと効率化を図ることもできます。

契約書

国内外問わず、大規模な建設計画の契約書は、相当なボリュームになるため、長期間かけて翻訳を行うことも珍しくありませんが、非常に需要のある分野です。グローバル企業においては多言語対応が求められるため、英語以外のオーダーも増加傾向にあります。

市場調査資料

海外の市場動向調査、用途別や製品別の市場動向調査、メーカー企業動向調査などの調査報告書・レポートから、建築資材、関連部材に関する調査レポートなど。市場調査関連の資料は、いずれも多くの人の目に触れる機会が多いだけでなく、取引上の判断材料になるため、性格さと読みやすさが共存した訳文であることが条件です。

※建築に関するさまざまな文章の翻訳を、各機関および企業様にご依頼いただいております。
詳しい実績は こちらをご覧ください。

徹底したサービス

なぜ、「建築翻訳会社.com」の翻訳サービスが選ばれるのでしょうか。
理由はとてもシンプルです。

まず、「建築翻訳会社.com」にはあらゆる専門分野をカバーする一流翻訳者が揃っています。スタッフ選定においては母国語レベルだけでなく、専門分野においてもスペシャリストであることを前提とし、質の高い翻訳をご提供しているからです。
お客様専用の翻訳アドバイザーが綿密に打ち合わせをさせていただき、予算や納期などあらゆる面でご希望に沿えるよう努めています。
見積りやご相談には無料で応じています。「建築翻訳会社.com」の翻訳を体感いただければ、必ずご満足いただけると信じております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

翻訳見積り診断 【無料】

他社に見積りを頼んだが割高に感じる、とお悩みの方、翻訳アドバイザーが内容に見合った適正価格であるかどうかを無料診断させていただきます。

翻訳相談 【無料】

初めての翻訳依頼で事情や相場がよくわからない、初めて取り扱う言語でよくわからない、そんな悩みをお持ちならお気軽にご相談ください。翻訳アドバイザーが無料で対応いたします。

翻訳見積り 【無料】

案件の内容によっては割引サービスの対象となります。詳しくはお問い合わせください。

翻訳トライアル 【無料】

翻訳サービスの品質を確認していただいてから、安心して翻訳のご注文をいただければと思い実施しています。

弊社は全て完全守秘にてお受け致します。
どんなことでもお気軽に一度ご相談ください。

詳細はこちらまで
TEL: 0120-40-90-50 (建築翻訳会社.com建築翻訳サービス担当)
e-mail:info@kenchiku-honyaku.com

誠に申し訳ございませんが、ご連絡、お問合せの際には必ず、
お名前、ご連絡先(電話番号、住所)、企業名を明記お願いいたします。

お名前、ご連絡先が明記されていない場合、ご対応できない場合があります。
必ず、ご連絡先を明記ください

▲ページトップへ